1歳から訓練を始めて1年弱の訓練期間を目安に卒業していきます。

MENU

何歳から盲導犬の訓練をするの?

 

疑問を浮かべる犬

盲導犬は主に訓練センターで繁殖も行っています。
盲導犬には向いている性格もあるので、両親ともに盲導犬に向いているペアから新しい盲導犬の赤ちゃんを作っています。

 

訓練センターで産まれてから2ヶ月は、母犬のそばで兄弟姉妹と一緒に過ごします。
盲導犬訓練センターと聞くと、訓練だけを行う施設を想像されがちですが、中には衛生面に配慮した犬用の分娩棟や赤ちゃん犬を育てる親子棟の施設も完備しています。

 

2ヶ月経過すると、まずはパピーウォーカーのところに行って人間と共存する犬として最低限のシツケと人間社会に慣れる生活を行います。

 

訓練センターのスタッフだけでは全ての仔犬に付きっきりで面倒を見ることができません。
パピーウォーカーを希望するボランティアスタッフも多いことから、2ヶ月~1歳までの10ヶ月間は基本的に全ての候補犬がパピーウォーカーに委託されることになります。
1歳になるとパピーウォーカーの元から訓練センターに戻って本格的な訓練を開始します。

 

 

訓練の期間

訓練センターによって異なりますが、1歳から訓練をはじめて1年弱の訓練期間を目安に卒業して、目の不自由な人たちのところへ旅立っていきます。
最初の6ヶ月は候補犬として訓練センター内を拠点にした訓練を繰り返します。

 

3段階の評価(試験)をクリアしていき、必要な能力を身につけます。
訓練の後半になると目の不自由な人と共同生活をする共同訓練を実施します。

 

いきなり目の不自由な人と候補犬だけで生活することは困難なので、目の不自由な人に訓練所に4週間ほど宿泊してもらって、訓練士やスタッフが見守る中で実践を想定した共同生活を行います。

 

 

パピーウォーカーとの生活から訓練は始まっている

盲導犬としての本格的な訓練は1歳になってからですが、生後2ヶ月から始まるパピーウォーカーとの生活からすでに訓練は始まっています。

 

パピーウォーカーはただ犬の面倒を見ればいいわけではなく、トイレや人間に服従させることなど日常的なシツケや、駅や商業施設の人ごみに慣れさせる訓練を行う契約で候補犬を委託されています。

 

月に1回は訓練センターでレクチャーを行う講習会に出席して、日頃の世話やお出かけ訓練の頻度などを指示されます。
状況に応じて訓練センターのスタッフが各パピーウォーカーの家を訪問して、成長状況やシツケの指導を行っています。
盲導犬は屋外で人を誘導することが目的ですが、それ以前に目の不自由な人と共同生活を行わないといけません。

 

当然、目の不自由な人は犬の世話を行うことも苦労しますし、シツケを自分で行うこともできません。
手のかからない素直で飼いやすい犬に育てることも重要な訓練です。